柳井の伝統工芸『柳井縞』の素朴で鮮やかな織物

柳井縞 ってご存知ですか?

織物で有名なのは『西の西陣、東の桐生』といわれるように
京都の西陣織や群馬の桐生織ですが

瀬戸内海が広がるこの山口県の南東部にも
古くから有名な織物がありました。

山口県柳井市で栄えていた機織り

金魚ちょうちん

柳井市といえば、
古くから港町として栄えた場所です。

江戸時代には岩国の吉川家の領地として、
そして明治維新後も商都として活気づいていました。

醤油蔵や油屋など…

現在でも土蔵造りの家が立ち並ぶ一角があり、
室町時代からの町割りが残る白壁の町並み

藩政時代に栄えた商家の面影を残した
歴史情緒ある雰囲気を醸し出しています。

そんな柳井市で、かつては全国にも名が知られるほど
有名になったのが柳井縞やないじまでした。

織り機

もともとは藍染めで、野良着などに仕立てられる
素朴な木綿織物として親しまれていた織物です。

織り機をつかって
トン、シャー、トントン、シャー。

からりからりとリズミカルな音が響き、
手作業で丁寧に織られていく様子は

どこか懐かしさと物珍しさを感じさせますよね。

柳井ではちょうど江戸時代のころ
綿替わたがえという方法が発達していました。

木綿商人が繰綿くりわたを仕入れ、先に農家へ原料を渡して
織りあがった製品の価格から原料代を引いて手間賃を支払うといった方法です。

商売としては馴染みのある方法ですよね。

それによって生産が向上したことに加え、
岩国藩が織物の検品制度を設けたことも関係しています。

柳井で織られる製品の品質が高くなり、
高品質の織物が保証されるようになりました。

これが柳井木綿として全国に名を馳せる要因になったようです。

明治時代後半の織物産業の衰退により
柳井の織物もかつては完全に途絶えていましたが

最近ではこの伝統技術を復活させようという働きがあるそうです!

新たに生まれた柳井縞は
手織りの風合いを大切にしながら
今の時代にも馴染みやすく仕立てられています。

やさしい風合いの 柳井縞

柳井縞

もともとは野良着として仕立てられていた
素朴な織物の柳井縞は、どこか懐かしい風合いをしています。

生地が柔らかいので肌触りがよく、
図柄の色合いや模様も私たち日本人になじみ深く、親しみの持てる美しさです。

風に糸よる柳井津の 港にひびく産物は 甘露醤油に柳井縞 辛き浮世の塩の味

柳井の鉄道唱歌ではこうして唄われるほど
それらが活気づいていたんですね。

柳井には未だ醤油蔵もあり、
古き良き街並みが今もまだ残っています。

一度は廃れていた柳井縞ですが
平成になってから伝統技術を復活させようと様々な取り組みがなされています。

新生柳井縞は手織りの風合いを残しつつ、
新しい風を取り入れて現代の方々にも馴染みやすくしているんです。

柳井縞を使ったポーチや名刺入れ、
コースターなど普段使いしやすいものがつくられていて

お土産としても人気を集めているんですよ~

機織りの体験

機織り

醤油蔵を改装してつくられた白壁土蔵造りのやない西蔵では
柳井縞の機織りの体験ができます!

はじめての機織りでも
スタッフさんが丁寧に教えてくださるので安心♪

世界でひとつだけ、
自分だけのコースターが作れちゃいます!

柳井縞コースター

サイズ 10㎝×10㎝
料金 300円
所要時間 約30分

※13:00~17:00(受付時間は16:00まで)
※5名以上は要予約

他には金魚ちょうちん作りの体験も!
要予約なので、一度見てみてくださいね。

まとめ

おもしろいことに、柳井縞金魚ちょうちん
どちらも一度は姿を消していた伝統工芸です。

どの伝統工芸品も後継問題に悩まされていますが、
一度廃れてしまった技術がこうして復活し、

再びその姿を蘇らせて現代へと残されているのは
地元の人たちの愛あってのことかもしれませんね。