あっ!と驚くほど甘くておいしい垢田のトマト

下関市垢田のブランドトマト 垢田のトマト を知っていますか?

山口県ではけっこう有名なトマトで
とっても甘くて濃厚なおいし~いトマトなんです。

ブランドトマト『 垢田のトマト 』

垢田のトマト

トマトの原産地は
南米のペルーやエクアドルの高原地帯。

日本に入ってきたのは
江戸時代の頃だったそうですが

最初は青臭くて真っ赤な色のトマトは
敬遠されていて、観賞用だったそうなんです。

日本がトマトを食べるようになったのは
明治時代以降で比較的最近からなんですって。

さらにそれから日本人の味覚に合うように
改良されたのが昭和に入ってからで

今でこそ普通に食べていますが
昔はそうではなかったと考えると不思議ですよね

農業

そんなトマトですが、
トマトは栽培方法によって糖度を高めることができます。

垢田のトマトは水分量にこだわり、
甘さを調節した絶品トマト!

水分過多にならないよう、
水を抑え気味に栽培することで

やや小ぶりで
甘さをギュっと内側に詰め込みます。

しかも完熟してから出荷するので
すぐにでも美味しいトマトが食べられる♪

トマト出荷

普通のトマトより
やっぱりお値段は張りますが

まるでフルーツのような甘さに虜になってしまうこと間違いなしです!

流通期間も4~6月と短いので

今の時期スーパーなどで見かけたら
ぜひ一度手に取ってみてくださいね♪

垢田のトマトは他のトマトに比べると
外れも少なく美味しいトマトに当たりやすい気がします。

県外だけど食べてみたいな~
という方には、JAタウンで通信販売もされていますよ!

入荷のタイミングによって
お届けまでに時間がかかる場合もあるそうなので

お気を付けくださいね。

似ている方言、似ていない方言?

2019.01.29

山口県の歴史ゆかりの観光スポットをピックアップ!

2019.01.23

女流作家・宇野千代も愛した『いが餅』を再現!

2019.01.16

山口県のお茶をつかった濃厚な小野茶サブレ

2018.10.26

花に彩られた東行庵の風景

2018.09.28