桜のキレイな古熊神社へ

参道の が美しく咲くという古熊神社へ

今年は3月末から暖かい天気で
桜の開花でとっても早かったですよね~

3月頭には防府市の防府天満宮へ
梅を見に足を運んだので

今度は山口市近辺で
いろいろ桜を見てきました。

まずは古熊神社へ足をのばしてみました。

桜 の美しい古熊神社

古熊神社石碑
古熊神社は山口市の天神さま

月初めに梅の花を見に
防府市の防府天満宮に行きましたが

今度は桜を見に古熊神社へ

この週は4月並みの暖かさが
続いていて、桜もほぼ満開!

桜の木が参道を
華やかに色付けていました。

桜
参道を通り、階段を上った先の
高台に境内が広がります。

まずは狛犬さんのお迎えでほっこり^^

古熊神社の狛犬
実は恥ずかしながら、今まで
あまり気にしてみたことがなかったのですが

神社に奉納されたこの守護獣像は
『獅子』と『狛犬』

二種類の霊獣らしいのです。

向かって左側にいるのが『獅子』
口を閉じていて角がある方。

右側にいるのが『狛犬』
口を開いていて角がない方。

阿・吽になっているのは知っていたけれど
今まで角なんて見えていなかった私…

ここで初めて、

「この狛犬、角がある!」

と思ったのですが、
厳密には角がある方は『獅子』

もともと平安時代より前までは
『獅子』が2頭置いてある方が

一般的だったそうです。

一般的、とは言っても
宮中での、という注意書きがつくそうですが…

調べてみると今の狛犬が
定着したのは比較的近代らしく

なかなか興味深い内容でした。

古熊神社の手水舎
さて、まずは
手水舎で身を清めてから拝殿へ

神様へご挨拶に行きます。

古熊神社拝殿
古熊神社の御祭神は
学問の神様としてしられている菅原道真公

そして道真公の御子である
福部童子が配祀されています。

拝殿の奥に幣殿と本殿があって
裏からみるとこんなかんじ

本殿裏
この後ろからみた雰囲気は
なんとなく出雲大社と似ているような気がしました

ちなみに前から見たときに本殿の
両脇には、どちら様なのか

こんな像がありました。

像
四隅に像が置いてあって、
前は烏帽子をかぶった男の人。

本殿の狛犬
後ろは狛犬かな?
本殿を守っているんでしょうか。

古熊神社には境内に
他にも3つの神社があり

そちらにもご挨拶をしてきました。

牛
まずは牛さんがいる左側へ

天神さまの神社では
必ずお目にかかる神使さん

この牛と梅の紋をみると
天神さまだなぁと感じます(笑)

境内の左側の奥にあるのは
三森神社です。

三森神社
苔むした森の中にあって
なんだか雰囲気があります

三森神社2
でも、恐ろしいとか
怖いといった印象は受けなくて

神秘的でやさしい印象。

もののけ姫の
こだまが出てきそうです^^

次は右側の方へ!

こんぴらさんの狛犬
苔が太い眉毛に見える
かわいらしい狛犬さんに
守護された先にあるのが

こんぴらさん!
金刀比羅神社です

金刀比羅神社
こんぴらさんといえば
香川県の金比羅宮が総本宮です。

こんぴらさんは
全国にあるので

意外とあちこちで
ご挨拶することも多いですね~

馬
他には、

高台にある境内から
眼下の町並みを見下ろす

お馬さんに出会いました。

かなりリアルな古神馬で
ちょっとびっくりしちゃいます。

その先にあるのが
藤森稲荷神社。

藤森稲荷神社
狐さんに迎えられて
ご挨拶を。

藤森稲荷神社は
ちょっと調べてみても

詳しくは分からなかったのですが
京都の藤森神社の境内にも

藤森稲荷神社があって
建物や雰囲気が似ているので

ここから来ているのでしょうか?

桜と鳥居
鳥居に桜が降ってきているみたいで
とてもきれい^^

天神さまに見守られているのか
凛とした空気のする

とっても素敵な神社でした。

境内をゆっくりと散策したら
最後に御朱印もいただきます。

古熊神社御朱印
梅の朱印がやっぱり
天神さまらしいですね

似ている方言、似ていない方言?

2019.01.29

山口県の歴史ゆかりの観光スポットをピックアップ!

2019.01.23

女流作家・宇野千代も愛した『いが餅』を再現!

2019.01.16

山口県のお茶をつかった濃厚な小野茶サブレ

2018.10.26

花に彩られた東行庵の風景

2018.09.28