桜の季節には早い京都旅行①京都水族館編

京都旅行①京都水族館編 !

ということで、桜の季節には少し早いですが
1泊2日の京都旅行へ行ってきました。

京都旅行①京都水族館編

と、行っても今回は
あまり観光らしい観光はしていません。

京都水族館でイルカショーを楽しんだり、

ちょうど水族館前の梅小路公園
開かれていた手づくり市に遊びにいってみたり♪

いつもは行く場所…
地域を絞ってその周辺をガッと

一気に観光するのですが

今回はゆったりまったり
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。

目的を決めずにフラフラしてみるのも
楽しかったです。

京都水族館の体験型イルカショー

京都水族館

まずは京都駅からそのまま京都水族館へ!

駅から近いので使える電車はありませんが、
駅前のバス停からシャトルバスが出ています。

ただ、かなり人が乗っているので

シャトルバスよりは普通のバスか
タクシーで行く方が楽かな?

タクシーでも1メーターで行けます🚖

私は徒歩。

ゆっくり歩いても20分ほどで着くので
よい運動になります

京都水族館では

鴨川の上流が再現されている水槽や
オオサンショウウオが展示されていたり

なかなか楽しいところでした♪

魚の線

シャッタースピードが遅く
線になってしまった魚たち

クラゲ

ライトの色が変わって
美しい色で水の中を浮かぶクラゲ

巨大水槽

大きな水槽の前には柔らかそうな絨毯が敷いてあり
穏やかな癒しのBGMが流れているスペースもあって

お母さんや子どもたちが
まったりしながら水槽を眺めていました🐟

地元に住んでいるなら
年パス買って通いたいくらいです😍

オットセイの展示まで行くと、

水槽越しにオットセイの子どもと
意思を通わせている男の子がいました

少年とオットセイ

オットセイマスター!(笑)

持っているタオルで
円を描けばそれにならって

くるくると回転するオットセイくん💛

一人と一匹のカワイイふれ合いに
まわりの人たちもみんなメロメロ♪

思わずカメラを構えるひと続出です📷

京都水族館はイルカショー🐬が
楽しいと聞いていたので

一通りみた後はイルカショーへ!

京都水族館のイルカLIVEきいて音(ネ)は、
イルカとトレーナーだけではなくて

私たち観客も全員が一緒になって
楽しめるイルカショーだったんです!

イルカ

開始前に全員に配られるとある笛を使って
イルカとのセッション♪

ショーにはトレーナーとイルカ意外に
楽rakuu(ラクゥ)というパフォーマーが登場して

パフォーマーのお姉さんに導かれるまま
笛を吹いて、吹いて、吹く!(笑)

これは体験してみないと
楽しさがわかりません。

観客の吹いた笛とイルカの声で
楽しいセッションが始まるのです♪

ただ見ているだけのイルカショーや

観客の中から選ばれた誰かが
イルカと触れ合えるのではなくて

見に来ている人全員が
楽しく参加できるショーです🎊

これが楽しくないはずがありません!

とくに小さいお子さんは
本当に楽しそうに笑っていたのが印象的。

大人でも楽しめたので、
ぜひぜひ足を運んでもらいたいです。

梅小路公園手作り市

梅小路公園

水族館から出たあとは
目の前の梅小路公園へ!

フリーマーケットをやっているようだったので
ちょっと見てまわりました♪

どうやら毎週第1土曜日は
梅小路公園手作り市が開催されているそうで!

手作りの小物や工芸品、
アロマやパンにクッキーなど

たくさん出店されていました。

※手づくり市より引用

公園内ではシートを敷いて休憩したり
ボールやバトミントンで遊んだり

はたまたお昼寝していたり。

思い思いに過ごしている人もいて
うららかな春のひと時といった感じ。

手づくり市

わたしも出店されていたお店で
購入したクッキーとシフォンケーキで

優雅なおやつタイムを過ごしました♪

すぐ近くに京都鉄道博物館もあるので
たまーに汽笛の音が聞こえてきます。

機会があれば次は
鉄道博物館にも行ってみたいなぁ~

アクセス

京都水族館
〒600-8835
京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

[TEL]075-354-3130
[開館時間]10:00~18:00
 
[料金] 
大     人  2,050円
大 学・高校生  1,550円
中・小 学 生  1,000円
幼児(3歳以上)   600円
 
[交通アクセス] 
・京都駅中央口より西へ徒歩約15分
・市バス京都駅「B3」乗り場、205・208系統バス「七条大宮・京都水族館前」下車
 

似ている方言、似ていない方言?

2019.01.29

山口県の歴史ゆかりの観光スポットをピックアップ!

2019.01.23

女流作家・宇野千代も愛した『いが餅』を再現!

2019.01.16

山口県のお茶をつかった濃厚な小野茶サブレ

2018.10.26

花に彩られた東行庵の風景

2018.09.28