ホンモノのフグを使っている?ふくの皮を加工した『ふく提灯』

ふく提灯

山口県下関市で造られている伝統工芸品です。

お土産や引き出物
贈答品として人気です。

ふく提灯 ってなあに?

ふくの日

下関を代表する魚である『ふく』

敵を威嚇させるために空気や水を吸い込んで
体を2倍以上に膨らませる姿がよく知られていますよね。

そんな『ふく』のよく伸びるけれど皮が堅く、
そしてうろこがない特性を生かして作られたのが

『ふく提灯』です!

もともと、そのまるっとした体と
つぶらな瞳は愛嬌があり

キャラクター化されることも多い『ふく』

縞の模様が美しいシマフグや
ハコフグ、とらふぐなどから作られ

その愛らしい姿を求めて全国から
注文がくるのだとか。

下関のあたりでは「ふぐ」のことを
縁起をかついで「ふく」と呼びます。

『福』を連想させる提灯
として『ふく提灯』は人気が高いんです。

ふく提灯のつくり方

ふく提灯
出典:下関ふぐ問屋 株式会社酒井商店

ふく提灯の作り方は見ている分には
とっても簡単で分かりやすい工程です。

まず、背を切り開いて
身と骨を取り出します。

切り口から水を流し込んでキレイにしたら
おがくずを詰めて形を整え、

数週間ほど天日干し。

しっかりと形が整ったら、
おがくずを取り出してキレイにし

背中の黒筒や目玉などをつけ
仕上げにニスを塗れば完成です!

こうして説明するには簡単ですが、

ふくの皮を破らずに作れるようになるまで
約2,3年を必要とするらしいです。

いくら他に比べて、ふくの皮が堅いといっても
繊細な作業を要するためとても難しいみたい。

現在、ふく提灯を製造しているのは
下関では一店舗のみ。

ふく提灯発祥の店でもある酒井商店さんです。

下関ふるさと納税の返礼品としても選定されていて
その品質の良さや人気はお墨付き♪

『福』を運ぶ縁起ものとして
県内外で愛されている山口県の工芸品です^^

下関さかいオンラインショップはこちら
https://www.fugu-sakai.com/ec/

似ている方言、似ていない方言?

2019.01.29

山口県の歴史ゆかりの観光スポットをピックアップ!

2019.01.23

女流作家・宇野千代も愛した『いが餅』を再現!

2019.01.16

山口県のお茶をつかった濃厚な小野茶サブレ

2018.10.26

花に彩られた東行庵の風景

2018.09.28