段々飾りのお雛様ってやっぱり憧れますよね!毛利家伝来のお雛様の展示!

3月といえばひなまつり、 お雛様 を飾りますよね。

防府市の毛利博物館では、
毎年ひな祭りの季節に合わせて

毛利家伝来の愛らしいおひな様を公開しています。

毛利家伝来の お雛様

つるし飾り
ひな祭りっていつ頃から始まったのか知ってますか?

実はハッキリとした時期は判然としていないんです。

もともとは平安時代の京都で貴族の子女の
雅な「遊びごと」として行われていた

「人形遊び」だという記録があるそうですが…

それが江戸時代になり「節句の儀式」と結びつき、
飾られ、全国に広まるようになったのだとか。

ひな祭りが行われるようになったのは
天正年間以降だと推測されているそうで、

それからどんどん今の「ひな祭り」の形になっていったんです。

ひな祭りって意外と最近のことなんですね~

もっと昔、それこそ平安時代から
今の形で行われていたのかと思っていました

そんなひな祭りですが、

毎年ひな祭りの季節にあわせて
毛利博物館では毛利家のおひな様が公開されているのをご存知でしたか?

幕末の藩主・毛利敬親の夫人、
都美姫所用の2組のおひな様とひな道具が公開されます。

段飾りの「次郎左衛門雛」、内裏びなのほか
20数体の人形が揃う「有職雛」が一緒に飾られます。

そのほかにも毛利家の姫君の身の回りの品々など、
女性にまつわる調度品が公開されるそうですよ~!

毛利家伝来の雛道具や
姫君たちの華麗な衣装などは見ごたえがあります。

それに女性だったら、お姫様にはあこがれますから^^
どんな美しいものを身に着けていたのか気になりますよね~

お雛様

企画展お雛さまの開催期間は、
平成30年2月10日(土)~4月8日(日)まで!

 
他では見られないとっても立派なお雛さまなので、
ぜひご覧くださいね♪

また毛利博物館では、
とっても立派な毛利家本邸・庭園を拝観できます。

これがまた見るだけはある広さで、
本邸も立派な建築物なのでゆっくりご覧になってください。

秋には紅葉がとっても美しかったですが、
春にはまた違った景色をみせてくれると思うので

暖かくなってきたころがオススメかもしれません♪

ちなみに、秋の毛利庭はこんなに美しかったんですよ~
毛利博物館の特別展「国宝」へ!庭園の見頃を迎えた紅葉は必見です!

庭園

毛利博物館では年間を通していろいろな企画展をされているので
何度でも通ってしまいます^^

開館時間・入場料・アクセス

毛利庭園・毛利博物館(旧毛利家本邸)

【住所】
〒747-0023
山口県防府市多々良1丁目15-1

【TEL】
0835-22-0001

【開館時間】
AM9:00~PM17:00(入館は16:30まで)

【入場料】
入場料