長府毛利邸 の 武家屋敷造り。白壁に囲まれた庭園の美しさとお抹茶のおもてなしでゆったりとした時間を。

長府毛利邸 では、2月から3月になると
可愛らしい催し物が開催されることを知ってますか?

長府毛利邸は、
長府毛利家第14代当主である毛利元敏公によって
明治36年(1903年)に完成した邸宅です。

明治35年には明治天皇もご宿泊された
けっこうすごいお屋敷なんです!

明治天皇宿泊のお部屋

防府市にある毛利庭園と比べると規模は小さいですが、
こちらも毛利氏の力を感じさせる立派なお屋敷です。
山口県防府市の毛利庭園・毛利博物館
毛利博物館の特別展「国宝」へ!庭園の見頃を迎えた紅葉は必見です!

長府毛利邸

長府毛利邸
山口県下関市長府にある毛利邸。

長府は古代から中世にかけては
政治・文化の中心地として栄え、

毛利氏が長府に居を構えてからは
周辺に武家屋敷が広がることになり

現在の風景が広がるようになりました。

長府毛利邸は武家屋敷造り。

白壁に囲まれた日本庭園からなり、
邸内では四季折々の花が私たちを出迎えてくれます。

庭園

邸宅の隅には茶室もあります。
こちらは母屋から行き来できるようになっているんですよ。

茶室は一般の方も
利用することもできるそうです。

そちらはぜひ直接お問い合わせくださいね^^

長府毛利邸には
私も足を運んでみたことがありますが、

とても静かな時間が流れる、
ゆったりとした静かなお屋敷です。

少し腰を落ち着けてお庭を眺め、
風に吹かれてのほほんと一時を過ごすのも良かったですよ~♪

ちなみにお抹茶代400円で
お抹茶のおもてなしを受けることもできます。

お抹茶

セルフサービスの緑茶もありますが、
お抹茶とおいしいお茶菓子をいただきながら

優雅にお庭を眺めるのも最高です^^

明治に建てられたということもあって
比較的新しい部類に入るお屋敷なので

キレイに保たれていて好印象です♪


※下関市公営施設管理公社公式ホームページより

城下町長府ひなまつり

つるし飾り
さて、冒頭でも少しお話した
長府毛利邸で開催される可愛らしい催しもの!

なにかというと、
『長府おさげものひなまつり』

子どもの成長を願ってつくられた「つるし飾り」が展示されます。
その数はなんと100点!

毎年開催される城下町長府ひなまつりに合わせて行われます。

開催期間中は長府毛利邸だけではなく、
あちこちで「ひな人形」や「つるし飾り」を見ることができますよ~!

提携店では様々なサービスを受けられ、
歴史情緒漂う城下町長府が華やかになります♪

長府毛利邸の『長府おさげものひなまつり』
平成30年2月4日~2月18日 開催

普段は上品に、静かな空間が広がっているお屋敷が
「つるし飾り」によって華やかに彩られているのは圧巻です。

とっても明るくたのしい気分になれますよ♪

また長府毛利邸では『豪華おひなさま展示』もあります。

お雛様

我が家は小さなお雛様だったので、
畳のお部屋に飾られる大きな段飾りのお雛様は、

女の子なら一度は飾ってみたいと憧れます^^

開催日:平成30年2月23日~3月11日

アクセス

長府毛利邸
〒752-0970
山口県下関市長府惣社町4-10

[TEL]083-245-8090
[開館時間]9:00~17:00(入場は16:40まで)
[休館日]12月28日~1月4日
[入場料] 
大人 200円
小人 100円