関門海峡を歩いて渡る!?本州と九州を隔てる海に通る「 関門トンネル 人道」

下関と北九州と結ぶ 関門トンネル

この関門とは、関門海峡から来ています。

関門海峡は山口県の下関市と、
九州の北九州市を隔てる海峡のことです。

壇ノ浦の戦いでは安徳天皇が入水し、
平家一門が滅亡した場所でもあります。

この海峡にある巌流島では
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘も行われました。

文久3年には長州藩が海峡を通過するアメリカ商船を砲撃をして
翌年には下関戦争が起こった地でもあります。

歴史的にも多くの逸話を残している場所ですが

関門橋など大きな橋が架けられたことで、
今では交通の要所として知られています。

関門トンネル

関門橋
山口県から関門海峡を渡り
九州へと足を運ぶにはいくつか方法がありますが

ちょっとしたワクワクを味わいたいなら
関門トンネルがオススメ!

関門トンネルは有料の
海底トンネルで二重構造となっており、
上は車、そして下は人が歩いて渡れる人道が用意されているんです!

関門トンネル

トンネル人道の長さは780メートルほど。
15分くらいで海底を歩いて渡れちゃいます♪

天候に左右されないので、
地元の人たちにはジョギングやウォーキングコースとして

さらには通勤や買い物などに利用され、
随分と親しまれているそうです。

日常的に海底を歩けるなんて、とっても贅沢ですよね~^^

いつも特別な気分になれそう、
と思いますが毎日通ってると普通になっちゃうのかな?

トンネルを歩いていると、
最深部58メートル地点にある県境が見えてきます。

関門トンネル県境

山口県と福岡県の境。
ここはぜひ、ジャンプで飛び越えちゃいましょう!(笑)

注意しなければならないのが
人は無料で通れますが自転車と原動機付自転車は有料です。

トンネル内での乗車は禁止されていて
手で押して歩かなければならないのです。

あまり広い道ではないので
乗車は控え事故がないようにしたいですよね。

関門TOPPA!記念証

関門トンネル人道は世界的にも珍しい歩行者用海底トンネルです。

その人道を歩いた記念に
関門TOPPA!記念証』が用意されています!

下関側と門司側、両方のエレベーターホールに
専用用紙とスタンプが置いてあるので

用紙に押印して人道を通りましょう♪

スタンプの絵柄は半分になっていて
2つを押せば1つのスタンプになります。

スタンプを完成させて
所定の場所で提示すれば記念証が進呈されます!

詳しくはこちらに掲載されているのでぜひご覧くださいね♪
関門海峡Navi|まるトク情報|関門TOPPA!記念証

アクセス

関門トンネル
山口県下関市みもすそ川町⇔福岡県北九州市門司区門司

[通行可能時間]6:00~22:00
[料金]歩行者無料、自転車・原付20円
[所要時間]約15分程度(距離780メートル)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です