山口の方言の中でも小さい子に向けた柔らかくてカワイイ方言

山口のカワイイ方言 って

どんなものがあるでしょうか?

うれしいことに山口の方言ってカワイイ

なんて言ってもらえることもありますが、
やっぱり「雨が降っちょるね~」とか

「ちょる」や「~っちゃ」のおかげでしょうか?

それ以外にもちょっとカワイイ方言、知りたくないですか?

山口のカワイイ方言

こども
ここでお話するカワイイ方言は、
小さな子が使うような、子どもに向けて話すような方言!

方言ってふしぎと
小さな子どもが話している様子を見ると

自然と「かわいいなぁ~」と
にっこり笑顔になっちゃいますよねぇ

とくに関西弁や
博多弁を話している子どもさんを見ると

目がハートになっちゃいます(笑)

1.「ひやい」=「つめたい」

水が冷たいとき、手が冷たいときに使われます。

この方言、実は高知県や
北海道でも使われているそうです。

【例】
💭「この水ひやい~!」=「この水つめたい~!」
💭「(相手の手をさわって)ひやっ」=「(相手の手をさわって)つめたっ」

 
この「ひやい~~ ><」って
小さな子が口にしているとメロメロです♪

もみじみたいな小さなお手てを
川の水につけて「冷たい」じゃなくて

方言で「ひやい><」って言ってると
とってもかわいくて思わずニッコリしちゃいます☻

2.「はぶてる」=「拗ねる」

はぶてるは「すねる」「ふてくされる」ことを指します。

【例】
💭「あ~、はぶてちょー(はぶてちょる)」=「あ~、不貞腐れてる」
💭「もうっ、はぶてんの!」=「もうっ、すねないの!」

 
すねる、という行為は小さい子が多いので
自然と子どもに向けて言うことが多くなってしまいますね

「みてみて、あの子はぶてちょる。ぶちかわいー」みたいに。

『はぶてちょる』という言葉の語感の柔らかさのせいか
ふぐみたいに頬をぷっくりさせている表情が浮かびます☻

3.「びっしゃ」=「ビシャビシャ」

これはもう、わかりやすく擬音!(笑)

雨など水に濡れてしまい、
ビシャビシャになった状態のことを指します。

【例】
💭「あーあ、びっしゃじゃ」=「あーあ、ビシャビシャだ」
💭「服がびっしゃになった」=「服がビシャビシャになった」

 
ちなみに長門市の方では
ずぶ濡れの状態のことを「びしゃっこ」というそうです。

夏になると公園で水遊びしている子たちが
よくびっしゃになっているのを思い出します(笑)

4.「やし」=「ずるい」

ずるいこと、インチキなことを指します。

たとえばじゃんけんで
後出しをした子に、こう言ったり。

【例】
💭「あー、やしじゃー」=「あー、インチキだー」

 
お兄ちゃんの方が
多くお年玉をもらってるのを見たとき

うらやましくって、こう言ったり。

【例】
💭「やしいー!」=「ずるいー!」

 
大人が使う、というよりは
子どもが使う機会の方が多い方言ですが

小さい子が使っているのをみるとやっぱりカワイイですね^^

まとめ

今では言わなくなったなぁ~と
思っていましたが

よくよく考えてみれば「ひやい」と
「びっしゃ」は未だに使ってるかも?

自分はあまり方言を使っていないと思っても
意外と無意識に使っているものですよね。

とくに山口はイントネーションも
独特なものがあったりするので、

たまーにびっくりすることもあります。

他県とのイントネーションの違いについて
いつかご紹介したいですね♪
 

「来ちゃった」「来なさった」どっちなの!?山口の紛らわしい方言!

2018.01.10

まるで双子?お隣の広島県とほとんど変わらない山口の方言!

2017.12.18

まるでラムちゃん!?山口のおもしろい方言を紹介します!

2017.12.09




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です