元乃隅稲成神社 って知っていますか??

今ひそかに人気を集めているのが山口県長門市にある元乃隅稲成神社もとのすみいなりじんじゃです!

2015年にアメリカのテレビ局CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」にも選ばれ、外国人の間で話題になりました。

元乃隅稲成神社

目の前に広がる真っ青な海と、丘からズラリと並ぶ鳥居の朱色、青々とした緑がおりなす神秘的なコントラストが魅力の絶景スポットです。

 

元乃隅稲成神社 について

 
元乃隅稲成神社は、昭和30年に当時地元の網元であった岡村斉おかむらひとしの枕元に白狐が現れ、

「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか」
「われをこの地に地鎮せよ」

というお告げがあり、島根県の太鼓谷稲成大社から分霊されて建立された神社です。

稲荷神社は国内に約4万社ほどありますが、
「稲成」神社は太鼓谷稲成神社と元乃隅稲成神社の2社のみ。

「成」の字は「成就」に由来しており、願いが叶うという意味が込められているのだとか。

商売繁盛、大漁、海上安全、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大伸です。

お賽銭箱は神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部に設置されていて、
日本一入れづらいお賽銭箱」と言われています。

見事お賽銭を投げ入れることができたら、願い事が叶うとか。

運試しにもぜひやってみたくなりますよね♪

 

元乃隅稲成神社の絶景

 
厳島神社や白川郷の合掌造りが名をつらねる「日本で最も美しい場所31」の中で元乃隅稲成神社が選ばれた理由はやはり見事な絶景!
 

鮮やかな朱色のトンネル

一番の魅力はやっぱり丘から海へ向かって伸びる朱塗りの鳥居です。

元乃隅稲成神社

昭和62年から10年をかけて建てられ、総本数は縁起の良い123ひふみ
全長は100メートル以上もあります。

並ぶ鳥居を思い浮かべると、京都の伏見稲荷大社を思い出しますよね。
⇒⇒伏見稲荷大社は夜明け前の幻想的な風景がオススメです

伏見稲荷の鳥居は稲荷山に向かって伸びていますが、元乃隅稲成神社の鳥居は海へ向かっているので先へ進むごとに潮の爽やかな風を受け、不思議と大きな気持ちになります^^

この鳥居のトンネルはパワースポットとしても人気を集めていて、参拝者が急増中です!

始めはゆるやかな下り坂ですが、途中から階段になり足元が急になってくるので、通る際は歩きやすい靴を履いて十分気を付けて参拝してくださいね
 

碧い日本海と「竜宮の潮吹き」

神社のさらに海側に行くと、断崖が広がっています。

断崖

日本海の荒波が岩壁に打ち寄せ、白い波しぶきを上げる豪快な様子のことを「竜宮の潮吹き」といい、高いときは波しぶきが30メートルにもおよぶほど!

ただ、いつも見られるものではなく、北からの風と波が高いときに見られる現象だそうで。

一番よく見ることができるのは秋から冬にかけて!
「竜宮の潮吹き」を見ることができたらラッキーですよ♪

元乃隅稲成神社から40キロほど離れたところには角島があり、こちらも有名な絶景スポットになっています!
⇒⇒まるで南の島!山口県下関市の『角島』

山口の日本海側はうつくしい景色が広がっているので、ぜひ遊びに来てくださいね♪

 

アクセス

 
元乃隅稲成神社
〒759-4712
山口県長門市油谷津黄498
TEL:0837-22-8404

画像出典:https://www.photo-ac.com/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です