まるで双子?お隣の広島県とほとんど変わらない山口の方言!

山口の方言 というと前回も話した
『ちょる』や『~っちゃ』が馴染みがあると思います。

では広島の方言
と、聞くと何を思い浮かべますか?

大体の人が「じゃけん」を
思い浮かべるんじゃないかと思います。

ドラマの主人公が「出身は広島じゃけん~」
みたいに話しているのを見たことがあるんじゃないでしょうか?

山口の方言 と 広島の方言

お好み焼き

実は、山口の方言は
お隣の広島県とすごく似ているところがあります。

前回の記事で紹介した「ぶち」という方言も
広島で使われたりしているんですよ!

とくに山口県でも広島よりの地域では、
方言はあまり変わらないのではないかな~

「じゃけえ」は中国地方で
ひろく使われる方言でもありますもんね

今日は山口弁の中でも
お隣さんとほとんど変わらない方言を紹介します♪

1.「~じゃ」=「~だ」

「~っちゃ」と同じように
基本的に語尾につける方言です。

【例】
💭「これで足りるじゃろ」=「これで足りるだろ」
💭「これじゃ」=「これだ」

 
けっこう若い人も使っているんですが
文字だけでみるとおじいちゃんが話しているみたい(笑)

これが意外と使うので
県外の人とお買い物をしているときに

ステキなものを見つけて

「あ、〇〇じゃ。こんなとこにもあるんじゃ~」

と口にして「じゃ(笑)」と
笑われた経験も…

2.「~じゃけえ」=「~だから」

語尾につけることもあれば、
頭につけることもあります。

接続詞のように使うことも多いです。

【例】
💭「じゃけえ、早くしてって言ったじゃろ」=「だから、早くしてって言っただろ」
💭「もう夏じゃけえ暑いね」=「もう夏だから暑いね」

 
これは広島の方だと「じゃけん」になります。

山口の人が「じゃけん」を
使っているのはあまり見たことがない気がしますね~

「じゃけえ」も「じゃけん」も一緒じゃないか?

と、思わないでもないですが…
話している言葉を聞くとなんとな~く違うんですよね

たとえば自分の出身地が舞台の
ドラマをやっていてその中で使われている方言が

間違っているわけではないけど
なんか違う!という感覚に近い。

中国地方では多く使われる「じゃけえ」ですが

個人的には山口、広島、岡山
同じ「じゃけえ」を話していても

何かが少し違う気がします。

う~ん、なんでだろうなぁ??

3.「やぶれる」=「壊れる」

たとえば県や地域によって
「これ片付けておいて」という言葉が

「これ投げておいて」とか「これなおしておいて」
なんて言い方が違うように

紙が破れた時以外にも、
壊れたもの、動かなくなったもの全般に使われます。

【例】
💭「パソコンがやぶれた」=「パソコンが壊れた」
💭「おもちゃがやぶれた」=「おもちゃが壊れた」

 
ぜーんぶまとめて「やぶれた」です!

また「めげる」と言ったりもします。
こちらはご年配の方がよく使っているかな?

「メガネがやぶれた」「メガネがめげた」

紙だけじゃなくて
何が壊れても「やぶれた」って

地元ながら、なんだか大雑把だなぁ~

4.「たう」=「届く」

棚の上の方にあるものを取るときに
手が届くことを「たう」といいます。

山口以外でも、広島や
北九州あたりで使われることもあるみたい。

西日本のこの地域で
よく使われている言葉かもしれません。

【例】
💭「台があったらギリギリたう」=「台があればギリギリ届く」
💭「手がたわんけえ、取って」=「手が届かないから取って」

 
地元にいた頃は方言だとは気づきませんでした。

九州の友人の前で「あ~、たわんな~」と
口にして「は?」と言われて驚いたことがあります

たわん、って便利なんですよね(笑)
 

まとめ

こうして考えてみると他県の方言と
変らないところって結構あるものですよね~

私は一度、県外にいたこともあるので
これって方言だったんだ!と気づきましたが

意外と方言と気付かずに使っている言葉って多かったですね~

たう、なんてまさにそうです。

「えっ?たわんって言わない!?」

なんて慌てたのも良い思い出です。

他にも「これって方言だったんだ~!」と
衝撃を受けた言葉がたくさんあるので、次回にご紹介します♪