まるでラムちゃん!?山口のおもしろい方言を紹介します!

まるでラムちゃんのような山口の方言
期待している県外の方って意外と多いですよね

「方言はなして~」なんて言われても
いざ意識して話そうとするとすっご~く不自然で

まるでエセ方言みたいで笑っちゃいます

でもふとした瞬間に

「~~~っちゃ」なんて口から出ると
県外の人には「ラムちゃん!!!」と反応されることも…

まるでラムちゃんのような山口の方言

山口風景
山口の方言、いわゆる山口弁というものは
地方によって大きく異なるということはありませんが

場所によっては隣県の広島や九州と似ているところもあります。

県外の人が山口の方言と聞いて
すぐに思いつくのってやっぱり「ちょる」でしょうか?

山口県のPR本部長であり
ゆるキャラのちょるる

山口県の方言の「ちょる」からきてます。

ちなみに、サイト名の「これ、知っちょる?」
略してこれちょる(KORECHORU)はここからきています。

それ以外だとうる星やつらのラムちゃんみたいな
語尾につく「~っちゃ」でしょうか?

自分たちが使う方言なので
「ラムちゃんみたいだなぁ~」と思うことって

実はぜんぜんないんですが…

聞いている方からすると
やっぱりそのイメージがあるみたいです(笑)

1.「~ちょる」=「~している」

おそらく県内ほとんどの地域で
使われる方言はやっぱり『ちょる』かな?

「です、ます」のように基本的には語尾につけます。

【例】
💭「これ、知っちょる?」=「これ、知ってる?」
💭「聞いちょるよ」=「聞いてるよ」

 
『ちょる』の使い勝手の良さはもう優秀!
気を抜いたらあっちこっちに『ちょる』がついてます。

ちなみに💡

『ちょる』は言葉を崩していない状態で
実際地元の人たちが話しているときは

「これ紙に書いちょって」とか
「あ~、つまみ食いしちょお~」とか

※これ紙に書いておいて
※あー、つまみ食いしてるー

もう崩れに崩れて、くずれまくり!(笑)

でもふんわり柔らかい口調に聞こえるので、
なんとなーく角が立たない気がします

2.「~っちゃ」=「~だよ」

いよいよラムちゃんみたいと呼ばれる
この方言の使い方について!(笑)

基本的には
『ちょる』と同じように語尾につきます。

個人的には、口調が荒れると語尾に
「~ちゃ」がつくイメージがありますね~

【例】
💭「今やっちょるっちゃ!」=「今やってます!」
💭「うるさいっちゃ!」=「うるさいよ!」

 
こんなかんじで。
もちろん怒っているときばかりにつくわけではないですよ!

【例】
💭「今日楽しかったっちゃね」=「今日楽しかったよね」
💭「ぶち探したけど見つからんかったんちゃ」=「すごく探したけど見つからなかったんだよね」

 
こんなふうに、可愛らしくも使われます♪
こうしてみると全然ラムちゃんっぽくないかも

3.「ぶち」=「とても、すごく」

これは日常的によく使われている方言です。

他県だとそれこそ

「ばり」だったり
「なまら」だったり

いろいろありますよね♪

【例】
💭「ぶちおいしい」=「とてもおいしい」
💭「ぶちカワイイ」=「とてもカワイイ」

 
ちなみに、変化形もあります。

「ぶっカワイイ」→「ぶちカワイイ」→「とてもカワイイ」
「ぶっ怖い」→「ぶち怖い」→「とても怖い」

 
「ぶち」が「ぶっ」と変わるだけで勢いがすごい…

基本的には学生さんみたいな若い子が
「ぶっカワイイ!」なんて使っていますね~

さすがに大人が使っているのは見たことがありません

さらに、おまけのおまけ!
「ぶり」なんてものもあります。

お魚じゃありません
「ぶち」の進化系なんです

「ぶりカワイイ」「ぶり怖い」みたいに。

福岡の「とても」の方言が「ばり」なんですが
そこから混ざったりしたのかな?

おいでませ、山口へ!

実際住んでいても、あらためて
自分の話している方言を確認してみると面白いですね

県内でも広島よりの地域と
県の中心地、それから九州に近い地域で

方言ってちょっと違うんです。

そのあたりも掘り下げていくと
おもしろいかもしれません♪

もし山口県にいらっしゃることがあれば
道行くひとの会話に耳を傾けて方言を聞いてみてくださいね!

ぶちの進化系、使ってるひといるかな~?